スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CB1100 Sizing Concept... !

HONDA CB1100

皆様、実に久しぶりの更新で恐縮です。
小さな企業は大忙し、フェイスブックでは随時発信していましたが、情報量ともっとの詳細を知りたいとの要望多く
ブログでの発信させて頂きます。

CB1100 Sizing Concept

CB1100パーツ開発途上にとあるユーザー様から、ローダウンキットの製作問い合わせがありました。
非常に熱烈な依頼でしたので、早速CAD上でのシュミレーションと実機でのレイアウト検討を試んだのです。

スィングアーム側での設定は取り付ける部材が複雑、チェーンケースなど考慮すべきファクターが多く却下。
それでは、ショックアブソバーアッパーでは? マウントに何らかのギミックを折り込めば出来そう。


その方法論を図面に描きながら、全体レイアウトからレバー比計算と車高変化の確認。
アクスル縦方向で-15ミリ、レバー比は丁度5パーセントアップ。 
この値ならショックユニットをそのまま使用するのにほぼ理想、そうして最初の試作部品が完成する。

DSCN2404.jpg

6F(6面フライス)SS素材による切削品、製作に治具を使わない為の合理的設計。

DSCN2311.jpg

ほぼ狙った取り付けが達成されリアショックの動きも良く、また物理的な問題のチェーンケースとの干渉
~サイドスタンドの立ち具合など問題なくクリア。
5パーセントのレバー比変化は、リアアームの動きをよりアクティブに感じれる…  
良好な手応えをとデータを残し、気になった点、ブラケット取り付け強度と車体との干渉など再設計する事となる。

そして改良された、レイダウンブラケットが完成

DSCN2402.jpg

マウント剛性の向上とショックアブソバーからの応力を最小限にまで抑えたディメンジョン。 
リアアクスル縦方向で-20ミリの設定もテスト、この設定でもネガな問題は生じず使用出来る事を確認するが、
調整巾を持たせた設定として-15ミリのポイントを基準点とする。

DSCN2623.jpg

この設定でフロントフォークの突き出しを+16ミリ、クランクセンターの下がる事による運動性の低下も無く
むしろコンパクトに感じる(実際コンパクト)車格から、これまで無かった体の下で振り回すような、
昔のツインショックスポーツの感覚。 こうなって来ると単なる車高を下げると言う目的では無く、コンパクトになった
車体から引き出されるスポーツ性... Sizing Cnsept へと昇華することになるのです。

DSCN2627.jpg

コンセプトハンドル ウィングバー

ここでとあるウィング店店長かCBのハンドルについてご意見頂き、先のFタイプバーの経験よりよりコンパクトに
スポーティーに操作する Sizing Consept に対応するハンドルバーを作る事となる。

比較

スタンダードハンドルに比べ、バー1本低くバー1本手前そしてバー1本狭い。
そして完成した試作品、CB1100専用品だから勿論、スイッチ取り付け、及びダンパーウエイトの取り付けの穴明け
加工済み、~13/14~双方のモデルに対応した設定です。

僅かバー1本と言う無かれ、レイダウンのディメンジョンとコンパクトにまとまるライディングポジションは
ストックCB1100では感じる事の出来ない、スポーツポテンシャルを発揮。 
余談ではあるが、市街地のすり抜けもこのハンドルバーは圧倒的に楽な事も記述しておこう…

DSCN2629.jpg


ここからは、一般のCB1100乗りの方にもテストに加わってもらいロードテストを敢行する。
協力して頂いたのは、ウィング北大阪様 http://www.wing-kita-osaka.com/ とそのお客さま。

DSCN2626.jpg

狙ったコンセプトを実走を通じ一般ライダーの口から語って貰えた事に、シンプルなこのコンセプトの完成を予感。
現在もロードテストは継続しており、メカニック視線の辛口な意見、ユーザー視点の率直な意見それらまとめて
量産パーツへの最終段階を進行中です。

テストの過程で、取材が有ったのでその一部をご覧頂きたい。
http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/wmcb1100/

取材記事の中の真紅のカフェレーサーは次の宿題。

DSCN2799.jpg

DSCN2796.jpg

コンパクトなポジションと高い運動性を実現する -Sizing Concept- 間も無くリリース開始します。

                                       続報お待ち下さい  WM R&D




















スポンサーサイト
プロフィール

ダブルエム

Author:ダブルエム
ダブルエムです。

2010年2月よりコチラに引越しました!

ホームページはコチラから・・・
    ↓
http://www.wmpdt.co.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。