スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルミカウル製造プロセス…

 みなさん こんにちは!

先日始めたフェイスブック、ずっとオーダーの多かった海外の方の要望に添った内容で記していますが、
コメントに寄せられる内容や嗜好に学ぶところ大きく、充分に皆様にも楽しんで頂けるかと思います。
アカウントのある方も無い方も是非とも覗いてみてください。

さて、そんな中で特に反響の大きいのが、ものづくりに関すること。 
ビキニカウル製作を追ったある一日、ブログにも編集して載録したいと思います、それではそれでは…

1.このアルミプレートは?

plate.jpg

これは正確にレーザーカットされた、カウルのパターン(型紙)。
3次元の立体を展開して、ハンマーで板金したら製品形状になる、文字にするとこれだけの事ですが…

2.同梱パーツ

stay-low.jpg

stay-side.jpg


同梱されるステーの例、適材適所に材質選定されています。
これはCB1100Fのロア&アッパーステー、ヘッドライトを支える両サイドのステーはブラックアウトしたスチール製ですが、
このパートには、SUS304 ステンレス材を使用しています。 デザインはあくまでシンプル、レースパーツの製作を根本に、機能的な美しさを目標としています。

3.プロセス-始まり-

さぁ作業に入ります、最初はアルミプレートをハンマーと手でおおよその形にと成型していきます。

プロセス1

プロセス2

このハンマーも、職人が使い易さを求めてモディファイ。 この部分はこれ、あの部分はあのハンマーと使い分け。
ヒットする部分のRも専用で、だんだんとアルミプレートが立体化していきます。

4.プロセス-Beat!!-

さらに、ハンマーを駆使して成型。(この時点でナックル周りの折り曲げも終えます)

プロセス3

叩いて伸ばして成型、だんだんと柔らかなRを描いていきます。
これはパターンの形状がうまく出来ているから。 試行で始めた頃は、その寸法に至るまで時間を要したが最近の作品はぐっと短縮しています、けれどもやはり職人技領域の作業ある事に間違いありません。

プロセス4

5.プロセス-組立て/サンディング-

出来上がった左右パーツをアルゴン溶接で接合します。
肉厚1.2ミリ、仮付けだけでも部材の合わせがうまく出来ていないと難しい…

溶接コンプ

また、ガソリンタンクと同じで溶接した裏側(裏波)も重要でこれが成形されていないと、次のサンディング工程であっさりクラックが入る、技術的な要求はタンクと同様です。

サンディング

サンディングの跡すら整然としてキレイ! 職人のこころが形に表れます。

ロアプレート

そしてロアプレート溶接、ここは外内両面溶接を行いますが、削り落とされてしまう外側溶接も安定した細やかなビードが、そして内側に残るビードに熟練のテクニックを見てとれます。

ビード

目指す形状に丁寧に少しづつサンディング、ここでもモディファイされた道具が使われます。
そして、この工程終了。

サンディング2

6.最終工程

さあ、最後の工程はヘッドライトリム部の成型、そしてキャノピーの取り付けです。

ビートリム

ここまで来たらもう少し… なのですが、ヘッドライトリムに接する部分の板金加工がなかなか難しい。
前作ロケットカウルの時は、ライトリムの外側を取り囲む形状だったので寸法精度の要求は低かった。
しかしビキニカウルは、ヘッドライトとリムの僅かな間隙に板金で折り込んだフランジ部分を挿入する構造。
これにも今回、専用の板金治具を製作。 高い寸法精度で仕上がります。

リム成型

キャノピーを仮留めし穴位置を確認、削り落とした溶接ビードのほぼ真上を問題なく穴あけ。 

キャノピー1

そしてカウル個体の仕上がりに合わせ微調整、キャノピーとカウルがぴったり添うように仕上げます。

キャノピー2

完成です。
素材パターンのレーザーカットを除いて全て手作業で製作、如何でしたか?! 

完成

今やこういった技術はヨーロッパでもほとんど見られないとの事、中世の甲冑を作るテクニックだとコメントを頂きました…成るほど、まだまだ知らない事ばかりです…

7.パッキング~

完成したカウルは製造部の元へ…

パッキング1

また違った人の目でチェック 

パッキング2

自然の造形物に通ずる感覚を覚えるのは、気のせいでしょうか…

パッキング3

そして、パッキング~ 貴方の元へお届けします…

パッキング4

ハンドメイドの逸品、しかもそれは技術という裏付けと、こころが有って初めて成されるモノ。
こんなハートのこもったパーツ作りが、ダブルエムスタイル。 それでは、ありがとうございました!! 























 
スポンサーサイト

WM-1030 High street muffler Technology behind the WM exhaust pipe

1-Text, exhaust on single cylinder

Let’s start by looking at old text books.
The text book of [Automotive engine engineering] has a chapter of muffler design.
The answer is based on the engine speed, cam profile, and exhaust temperature etc.
The text book formula gives the values and specification of the exhaust that fits with the vehicles cam performance.
For example if the engine was the same, the exhaust giving a higher performance would be questionable depending on the situation.
The gamble racers for example are equipped with single cylinder HKS engine with high acceleration cam, hard valve spring, and with a short muffler. The power characteristic of a gamble racer rises quickly and drops quickly unlike most motorcycles.
In a practical riding situation of a gamble racer, the motorcycle decelerates by instantly closing the throttle with the support of short exhaust and hard valve spring. This method instantly decelerates the engine speed. Soon after the deceleration of the engine, the rear wheel enters slide and controlled by using a counter steer; this is essential for these motorcycles to turn. Since gamble racers are not equipped with brakes, the throttle work is essential. For these types of machines, the short exhausts are most practical configuration.

The single cylinder racers from WM in 1980’s were equipped with long pipe muffler based on the formula.
In racing situations, the peak engine power is needed to overtake the rivals and approach the corners smoothly with braking.
The single cylinder engines has a low RPM limit. To increase the peak power of the vehicle, the cam profile is adjusted for high RPM which is completely different from gamble racer. The single cylinder racers are more suitable longer exhausts.

The single cylinder vehicle’s exhaust pipe is adjusted and matched to the RPM that is used often during the riding situations.

2-New spec exhaust WM-1030 high street muffler

DSCF4111_convert_20110709180744.jpg

To achieve the peak performance, the length of the muffler was determined from the beginning of the development.
The performance characteristics was great and with 2008 SR400 (427cc kit + WM Campton) and raised the peak power by 5PS.
However, the low speed and mid speed range lost performance due to thick front pipe.
This is where the engineers come in.
The front pipe dimension is changed by few millimeters and after 50 sets of mufflers are tested; the exhaust pipe spec was finally decided.
The performance curve reached the highest performance within 4 decades of WM history.

With the 67.2mm 400cc crank tuned engine, the vehicle itself reached over 38PS and powerful even if the engine is overran.

427+wm1030.jpg

3-Innovation, A new silencer

To reach the performance goal, there is an important factor.
The silencer structure adopted by WM is based on the European sports single and American twin cylinder based vehicles. These silencer structures usually consist of the straight punching + partition. Since these vehicles had closer horse power, the mufflers matched well with the WM’s target vehicles and the exhaust sound was attractive.

However, the project goal was to develop an exhaust with a significant power increase unlike the ordinary mufflers.
So we looked for a new muffler structure for a reference. We found out that the modern equivalent of sports single cylinder motorcycle would be a motard type.
The motard type is the fastest new generation motorcycle with single cylinder, and 4 stroke engine that is based on a motocross type chassis.

WM participated in the motard race as the suspension engineer.
With the knowledge gained from the motard race, we made an exhaust compatible with the most powerful single cylinder 4 stroke engine by using the 2 room inversion type silencer structure.

Also, the muffler follows the WM tradition with low pitch exhaust sound.

4-Potential of the exhaust pipe

We will show you a example how this new exhaust is superior compared to the others.
The graph shows the performance output on the dynamometer test.
The test was done with the vehicle tuned for the racing exhaust.
The result gave a performance increase 8PS, the 500cc tuned engine ensured the performance output of the muffler.

595+wm1030.jpg

DSCF4122_convert_20110709180820.jpg

The new high street muffler will provide a higher performance output on both SR400 and SR500.

テーマ : パーツ
ジャンル : 車・バイク

 Product note   Bikini aluminum fairing Product note

The bikini aluminum fairing was initially designed for SR400. However, the fairing is made of the aluminum sheet metal and with a hammer; it could actually be adjusted into any dimensions. With the versatility of aluminum sheet metal, the fairing was experimentally adjusted to fit with W, CB, and single cylinder 250cc motorcycles.

Most of the customers ask us “how did you guys make this?,” since most of the documents are gone, we will roughly explain how it was made.


Production stage 1
From an idea to an design

Back in the past, we were testing the CR(FCR) carburetor with TPS equipped. After the setup was done, we were testing the motorcycle beyond 100 MPH. On motorcycles, the air resistance gets intense after 60 MPH and the rider thought “I want a fairing that can resist the wind.” The test motorcycle emphasized on the stock form, so the fairing design was based on the stock configuration.

200910151750000.jpg


With the outer dimensions of the fairing being absolute, the designing starts from configuring the wind screen location.

The external form of the fairing is constructed from the wire frames adjusted with the headlight’s diameter.

200910151751000.jpg

With a form of a fairing in an imagination, we examine the line of the curve that is physically possible with materials used to make the fairing.


Production stage 2
Prototype sheet metal

The first step of making the prototype is to make the mold pattern for the fairing by using an aluminum sheet.

200910211537000.jpg

This is a difficult task; the fairing is shaped by hammering the aluminum plate stretching material itself.

With lots of experience, the adjustment for aluminum sheet was made quickly with short amount of time. The prototype is made by repeating the experiment and correction of sheet metal.

200910261454000.jpg

The sheet metal working is originated from coach builders from Europe and US. Europe is famous for building super cars using sheet metal working. US is famous for using sheet metal workings for hot rod and choppers.

Based on the techniques and tools from the 1960’s the body work is made by reproducing the manufacturing methods from the past.
These parts are completely hand made from scratch.


Production stage 3
Fitting the faring.

Next, we fit the prototype parts to the motorcycle.
First prototype wasn’t accepted because of line between the head light hole and the screen wasn’t acceptable.

200910211859000.jpg

Next prototype was made by correcting 2 places. The small details were corrected by gaining more clearance for master cylinder and blinker stay.

200910241604000.jpg

At this point there was no breakthrough, the line connecting between the head light rim to the fairing wasn’t complete.

When the fairing had a compact design, the fairing rim covers over the head light rim and it looks like a one eyed monster.

To solve this problem the fairing rim was folded inwards to fill in the space between the head light and the fairing.
With the fairing folded inwards, the smooth curve between the head light and fairing was made.

This design allowed to solve problems with the light leaking inside the fairing and increased the durability of the fairing itself. Having the light weight fairing, this allowed the stay and mount to be lighter.
This fairing was made with many ideas compressed into one item.


Production stage 4
Fitting the fairing 2.

The final model is finally complete.
The picture above is a complete fairing beautifully processed around the head light area. The side’s notches are processed with metal sheet workings and draw a curve around the front part of a vehicle.

200911051502000.jpg

Lastly, the mount stay is produced for the fairing. The mount stay is designed with simplicity and functionality in vision to match the fairing.

200911051503000.jpg

This roughly covers the process of the aluminum bikini fairing being designed and turned into a product. I hope this answered your questions.

4b6a9f7636e54t02200152_0800055210342959545.jpg

Most of these parts are hand made within the WM factory.

http://www.wmpdt.co.jp/bikini_cowl/bikini_cowl.html




テーマ : パーツ
ジャンル : 車・バイク

アルミビキニカウル Product note

こんにちわWMです。

今回は発売以来好評を得ておりますアルミビキニカウルについてお話させていただきます。 


元々この商品はSR400用に設定されたのですが、アルミ板金製ならではのハンマ一つで自由に寸法を変更できる汎用性の高さからWやCBそして250シングル等のダブルエム・レギュラーモデル以外にも実験的に大型マルチモデルにもラインナップを拡げました。


お客様よりは『これは、どうやって作ったの?』とよく質問を頂きます。 

何時もは発想から試作まで、わき目をふらず作業するのでほとんど記録が残っていないのですが、今回は何枚かの写真が残っていましたので
行程を追いながら、普段の質問にお答えしましょう…



Product 1 発想からデザイン

それは、SR用のTPS搭載CR(FCR)キャブレター開発テストの事、セットアップも進んで巡航速度が100mileを大きく超えた位から「カウルが欲しいなぁ」と考えました…そのテスト号はストックのフォルムを基調にしていましたので、ハンドル廻りや灯火パーツを全てストックのまま使用する前提でデザインが始まりました。


200910151750000.jpg
200910151751000.jpg

*各画像はクリックで拡大します。



カウルの外観寸法は絶対条件として、スクリーンの設定から始まります。 そこから全体のフォルムとヘッドライトの径を結ぶラインをワイヤーフレームで構成。
イメージの中のキレイなラインと物理的に製作可能なラインを検討しながらの作業、この時点で、次の試作の方策を考えながら進行しています。 フォルムが決まれば試作へと進みます。



Product 2 板金試作

試作の第一段階は、アルミプレートよりカウルの原型となるパターンを作る事。
これは非常に難しい作業で、ハンマーで叩いて伸びるアルミ板の形状を予測しながら形状を決めて行きます。

既に多くの経験を重ねていますから、これと思う寸法に到達する時間は短かくなってはいますが、やはり一点々試作しては検討・修正の繰り返しです。 

200910211537000.jpg
200911021714000.jpg
200910261454000.jpg


板金作業に関しては、ヨーロッパのコーチビルダーが生み出すスーパーカーや、アメリカのホットロッドそしてチョッパーのカスタムビルダーが用いる手法。

そして1960年代日本のレースマシンの黎明期に考案された手法や道具を社内で再生して製作しています。

そう、このパーツはどこまで行っても人の手によって製作されているのです。



Product 3 フィッティング

次に試作パーツをフィッティングします。 最初の試作は、ヘッドライトの穴部分の寸法とスクリーンへ繋がるラインがNG。

次の試作ではその2か所を修正して行きます。 また細部の修正、マスターシリンダーやウィンカーステーとのクリアランスを整えます。

200910211859000.jpg
200910241604000.jpg



今回はこの時点ででデザインのブレイクスルー、ヘッドライトリム穴からカウルへと繋がるラインが決まりません…
コンパクトにデザインしたのでヘッドライトリムの更に外側をカウルのリム穴が被さると、一つ目小僧(!)みたいで変に見えます。

そこで考え出したのが、リム穴を板金作業で内側に折り返してそれを、ヘッドライトとリムの隙間のスペースに入れ込む構造。

これにより、ヘッドライトからカウルにスムースな曲面で結ぶ新しいデザインを開発。 
これは同時にカスタムカウルに良くある問題のカウル内側への光の漏れを遮断、さらにはカウルと車体のマウント剛性を高める事になり、ステー類の軽量化設計をも可能とさせ。
一つの小さなアイデアが様々な機能を織り込む事になりました。  

色々な製品を見て来られたユーザー様にも、評価頂く部分でもあります…



Product 4 フィッティングその2

さあ。最終スペックの完成です。  
先の写真からはヘッドライト廻りの処理が美しく、またサイドの切欠きも板金で成型され、緩やかな美しい曲線を描きます。
あとは専用設計のマウントステーを製作。 このパートもシンプルで機能的で有る事を主眼にデザインされるのです。


200911051503000.jpg
200911051502000.jpg


こうして、様々の行程を経て製品として貴方のマシンに装着される事になる ―アルミビキニカウル― ご質問の回答と成りましたでしょうか?
今もパーツはダブルエム社内の工場にて、貴方のマシンの為に一点々ハンドメイドで製作されています… 

http://www.wmpdt.co.jp/bikini_cowl/bikini_cowl.html ビキニカウル・ページへジャンプ

*ウエリントンでは、ラインナップに無い車両へのフィッティング作業を承っています!

ラインナップに無い車両へは、ウェリントンにてワンオフ装着をさせて頂きます。 
過去にも、SRX600・CB400F(SOHC)やハーレー等ご要望に応えて製作(詳しくはショップブログで!)
詳細はお電話にてお問い合わせください。





プロフィール

ダブルエム

Author:ダブルエム
ダブルエムです。

2010年2月よりコチラに引越しました!

ホームページはコチラから・・・
    ↓
http://www.wmpdt.co.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。