スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクニカル 

こんばんわダブルエムです。


CB400SSレイダウン&フロントロアリングキット、ショートサイドスタンド
本日は今更ではありますが製品の特徴、テクニカルなポイントを。


このダブルエムCB400SS用レイダウンキット、軽い車重と弾けるパワーフィーリングのCB400SSの操縦性をさらにロードユーズに先鋭化する為のキットです。
 

傾斜したディメンジョンは、サスペンションの初期作動特性をスムースにまた、マウント位置の微妙な設計により、狙った車高を得ながらも大きくレバー比を変えていません。 



また、リア周りのディメンジョンの変化に合わせ、フロントサスにもロアリングキットを用意。


レイダウンキットとの組み合わせにより重心位置の高いストックの設定から、少しクランクセンターの低い設定へとコンバート、ストックとはまた違った方向のスポーツ性を追求しています。

走行実験では車高が下がる事による、スタビリティの増加を確認。 

これは、見かけホイルベースが伸びる事も一因。 
しかし、この安定成分がスポーツ性をスポイルしてしまうかと言えば否で、軽い車重のCB400SSでは一切の問題を生じません。

また、ロアリングキットを組み込んでもほぼ変化の無いフロントディメンジョンも、グリップ感のあるハンドリング特性はそのままにマシンを一気にバンクさせます。 


乗り心地であるとか、掴みやすい過渡特性の部分の要素を少しスポーツ性へと振る為のパーツです。

つまりは、安定成分は下がった重心位置ディメンジョンで増加、
高いスポーツ性はサスのバランス域と軽い車重で達成するという方向です。


また、試作時アルミ削りだしであったブラケット本体はSPCC3.2tの鉄製に変更、受ける応力に対し充分な強度を確保。 
ストックのサスペンションの取り付け部をメインのマウントとしながら、ブラケットを回転させようとするモーメントに対し、M5ボルトを前方に配置。 

この構造により、より強固なマウント剛性を得ています。


そして、オプションにメッキショート・サイドスタンドとステンレス・チェーンケースも用意。 シティユースの使い出とドレスアップを演出します。


ハードとソフト、あらゆる観点から設計されたCB400SSレイダウン&ロアリングキット。
あなたとマシンの新しいシーンがここから始まります。



次回はレイダウンキット開発風景でも...


スポンサーサイト
プロフィール

ダブルエム

Author:ダブルエム
ダブルエムです。

2010年2月よりコチラに引越しました!

ホームページはコチラから・・・
    ↓
http://www.wmpdt.co.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。