スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルミビキニカウル Product note

こんにちわWMです。

今回は発売以来好評を得ておりますアルミビキニカウルについてお話させていただきます。 


元々この商品はSR400用に設定されたのですが、アルミ板金製ならではのハンマ一つで自由に寸法を変更できる汎用性の高さからWやCBそして250シングル等のダブルエム・レギュラーモデル以外にも実験的に大型マルチモデルにもラインナップを拡げました。


お客様よりは『これは、どうやって作ったの?』とよく質問を頂きます。 

何時もは発想から試作まで、わき目をふらず作業するのでほとんど記録が残っていないのですが、今回は何枚かの写真が残っていましたので
行程を追いながら、普段の質問にお答えしましょう…



Product 1 発想からデザイン

それは、SR用のTPS搭載CR(FCR)キャブレター開発テストの事、セットアップも進んで巡航速度が100mileを大きく超えた位から「カウルが欲しいなぁ」と考えました…そのテスト号はストックのフォルムを基調にしていましたので、ハンドル廻りや灯火パーツを全てストックのまま使用する前提でデザインが始まりました。


200910151750000.jpg
200910151751000.jpg

*各画像はクリックで拡大します。



カウルの外観寸法は絶対条件として、スクリーンの設定から始まります。 そこから全体のフォルムとヘッドライトの径を結ぶラインをワイヤーフレームで構成。
イメージの中のキレイなラインと物理的に製作可能なラインを検討しながらの作業、この時点で、次の試作の方策を考えながら進行しています。 フォルムが決まれば試作へと進みます。



Product 2 板金試作

試作の第一段階は、アルミプレートよりカウルの原型となるパターンを作る事。
これは非常に難しい作業で、ハンマーで叩いて伸びるアルミ板の形状を予測しながら形状を決めて行きます。

既に多くの経験を重ねていますから、これと思う寸法に到達する時間は短かくなってはいますが、やはり一点々試作しては検討・修正の繰り返しです。 

200910211537000.jpg
200911021714000.jpg
200910261454000.jpg


板金作業に関しては、ヨーロッパのコーチビルダーが生み出すスーパーカーや、アメリカのホットロッドそしてチョッパーのカスタムビルダーが用いる手法。

そして1960年代日本のレースマシンの黎明期に考案された手法や道具を社内で再生して製作しています。

そう、このパーツはどこまで行っても人の手によって製作されているのです。



Product 3 フィッティング

次に試作パーツをフィッティングします。 最初の試作は、ヘッドライトの穴部分の寸法とスクリーンへ繋がるラインがNG。

次の試作ではその2か所を修正して行きます。 また細部の修正、マスターシリンダーやウィンカーステーとのクリアランスを整えます。

200910211859000.jpg
200910241604000.jpg



今回はこの時点ででデザインのブレイクスルー、ヘッドライトリム穴からカウルへと繋がるラインが決まりません…
コンパクトにデザインしたのでヘッドライトリムの更に外側をカウルのリム穴が被さると、一つ目小僧(!)みたいで変に見えます。

そこで考え出したのが、リム穴を板金作業で内側に折り返してそれを、ヘッドライトとリムの隙間のスペースに入れ込む構造。

これにより、ヘッドライトからカウルにスムースな曲面で結ぶ新しいデザインを開発。 
これは同時にカスタムカウルに良くある問題のカウル内側への光の漏れを遮断、さらにはカウルと車体のマウント剛性を高める事になり、ステー類の軽量化設計をも可能とさせ。
一つの小さなアイデアが様々な機能を織り込む事になりました。  

色々な製品を見て来られたユーザー様にも、評価頂く部分でもあります…



Product 4 フィッティングその2

さあ。最終スペックの完成です。  
先の写真からはヘッドライト廻りの処理が美しく、またサイドの切欠きも板金で成型され、緩やかな美しい曲線を描きます。
あとは専用設計のマウントステーを製作。 このパートもシンプルで機能的で有る事を主眼にデザインされるのです。


200911051503000.jpg
200911051502000.jpg


こうして、様々の行程を経て製品として貴方のマシンに装着される事になる ―アルミビキニカウル― ご質問の回答と成りましたでしょうか?
今もパーツはダブルエム社内の工場にて、貴方のマシンの為に一点々ハンドメイドで製作されています… 

http://www.wmpdt.co.jp/bikini_cowl/bikini_cowl.html ビキニカウル・ページへジャンプ

*ウエリントンでは、ラインナップに無い車両へのフィッティング作業を承っています!

ラインナップに無い車両へは、ウェリントンにてワンオフ装着をさせて頂きます。 
過去にも、SRX600・CB400F(SOHC)やハーレー等ご要望に応えて製作(詳しくはショップブログで!)
詳細はお電話にてお問い合わせください。





スポンサーサイト
プロフィール

ダブルエム

Author:ダブルエム
ダブルエムです。

2010年2月よりコチラに引越しました!

ホームページはコチラから・・・
    ↓
http://www.wmpdt.co.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。